社員教育・研修に映像制作を活かす!


「出来る人」というのは、そう多くはいません。
そこで、社内のスキル向上や底上げをするために社内教育を実践している企業は多いでしょう。
新入社員のマナー研修や製品研修、営業のノウハウ、技術の伝承、コンプライアンス教育といった教育を行っているのではないでしょうか。
実際に、これらの教鞭を取ることができる人は、通常は社内でも多忙であったり、人数も少ないものです。
また、毎回話す内容が異なったり、話す人によって内容が異なったり。
そこで威力を発揮するのが、教育映像教材やマニュアル映像です。
企業内の教育活動に映像制作を活用することで、教育品質の標準化、教育システム化、少人数運用ができるようになります。
制作のポイント
  • 教育の受け手の視点で、ポイントとなる部分を熟慮することが必須
  • 実際の手順だけでは分かりづらい部分ではイラストやCGを利用。
  • WEBやイントラネットを通じてe-ラーニングを行う場合は、分かりやすいビューワ設計、管理システムも重要。
  • 教材映像やマニュアル映像の映像制作では、熟練の方、教育担当の方と十分な打ち合わせを行うことが大切。場合によっては代表者の方の意見も重要になる。
  • 社員教育・研修の事例映像はこちら
TV通販事業事業を立ち上げたいお客様へ
ページ上部へ戻る