プロンプターのご紹介

07.22

26インチタイプの放送局仕様のプロンプターを導入しています。

例えば、放送局のスタジオでアナウンサーがニュース原稿をこの装置に表示して使用しています。

表示部分にはハーフミラーを使用していますので、撮影用カメラはハーフミラーの裏側に設置します。

つまりアナウンサーはカメラ目線で映っていますが、実は目の前の原稿を読んでいるという不思議な装置です。

最近では、原稿だけでなく、中継先の映像を表示するなどコミュニケーションツールとしても活用されています。
ページ上部へ戻る