<更新>ライブプロダクションスイッチャー TriCaster8000 を導入しました

03.15

< 2016 / 3 / 15 更新>

TriCaster8000 に対応するリモートテロップシステム 「 LiveText」の端末をリニューアルしました。

< 2013 / 4 / 3 >

プロダクションスイッチャー TriCaster8000 を関西で初導入となりました。


★入力ソースについて

24Ch Switcher
ライブカメラ入力 x 8ch
ネットワーク入力 x 2ch
DDR(デジタルディスクレコーダ) x 2ch
Still(静止画・デジタル素材) x 1ch
Title(タイトルページ) x 1ch
フレームバッファ x 1ch
Black x 1ch
M/E チャンネル x 8ch

TriCaster 8000は、大規模で複雑なイベントのライブ映像配信を行うプロダクションやメディア・パブリッシング向けのシステムです。
ソーシャルメディアの制作ツールもすべて付属しています。システムには、以下のような高度な機能とカスタマイズ用オプション機能が含まれています。
サードパーティ製ルータのサポートにより、8つのM/E列を利用し、各M/E列に対して個別にエフェクトやグラフィックの追加が行えるほか、同時に操作用のマクロを記録できるなど、事実上無限の拡張性を持たせることができます。

 

●TriCaster 8000 の機能

8M/Eバスを利用したリアルタイムレイヤー合成
マクロ機能による複数操作の自動実行
ホットスポットを利用したオペレーション
4つまでのカメラ入力や素材を同時に合成できるスタジオセット
M/E列の素材としてM/E列を入力することができるRe-Enter機能
DSKが同時に4つまで利用可能
リアルタイム・モーショントラッキング
ソーシャルメディアツール(Share機能)
ライブアナグラフ3Dビデオの対応
MacやWindows、あらゆるソフトウェアへのファイルの互換性の向上
Apple iPadアプリケーションなどからのリモートオーディオミキサーコントロール
ホログラフィックライブバーチャルセット
PTZカメラコントロール
ステレオ出力の(Quad)ミックス機能
オーディオ入力チャンネルごとに独立してディレイ量を設定
MIDIコントローラに対応

ページ上部へ戻る